本文へスキップ

府中市の耐震診断・構造設計に強い建築設計事務所

電話でのお問い合わせは042-361-4564

株式会社なまあず本舗公式HP

鉄骨造の耐震診断

鉄骨造は危険がいっぱい?


  よく、鉄骨造は揺れやすいとかいわれます。鉄骨造はスパンを飛ばせる構造のため、相対的に揺れやすくなりますし、揺れやすい建物が多いです。構造上安全かどうかとは別な問題です。
 ただし、古い鉄骨造は、施工的に不備なものが多いのも実情です。また耐火被覆にアスベストを使っているものなどがまだ残っています。さびなどの心配もありますので、定期的に点検をしておきたいところです。


指標はIs値


 木造と異なる指標で評価します。耐震改修促進法では、耐震指標Isを定めており、判定基準を0.6以上としています。0.6以上の建物は必要な耐震強度 に対し100%の強度を持っていることを意味しています。ある意味木造の1.0と同じような考えで、満たしているからといって地震に対して100%安全と いう意味ではありません。ちなみにISが0.4〜0.6程度の建物は、多くの建物で中破以上の被害が生じ、ISが0.4以下だと倒壊または大破するといっ た、木造の基準と同様な解釈があります。


補強設計と実際の補強工事

 もし診断を行い、耐震性能が悪いと判断された場合、補強を行うかどうかを考えましょう。木造の耐震補強に比べても費用は大幅にかかる場合が多いです。ま た外部にふかす方法が多いので使い勝手やデザインにも大きく影響を与えるものになります。補強の方法などは限定される場合が多いので(それほど選択肢はな い)、設計者と相談のうえ補強方法を選択し、設計・補強工事を行います。

なまあず本舗設計室の鉄骨造の耐震診断

 なまあず本舗設計室は、鉄骨造の構造計算業務も行っておりますので、耐震診断も安心してお任せください。鉄骨造の耐震診断は、木造や鉄筋コンクリート造に比べ、できる事務所が非常に少ないのが現状です。なまあず本舗設計室は、 東京都の緊急輸送道路沿道建築物の耐震診断を数多く行っております。そのなかでも鉄骨造の割合が多いです。ぜひご相談ください。

耐震診断の価格の目安は、鉄骨造の場合耐火被覆の有無や施工状態によって大幅に変わりますので詳しくはお問合せください。経験則上、予備調査は10〜20万円程度、現地調査・耐震診断は2500円/m2程度が多いような気がします。それでも幅が大きいです。補強設計・工事を含めると相当の金額がかかると思いますので、できれば新築をお勧めします。もし、図面・計算書がある場合、机上の耐震診断もできますので、くわしくはお問い合わせください。

お問い合わせ・相談は
 まずはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

小規模な物件で図面のみで安価に素早くチェックして欲しいときは、耐震トレインを利用ください。





shop info店舗情報

なまあず本舗設計室

〒183-0021
東京都府中市片町1-6-4
関ビル2F
TEL.042-361-4564
分倍河原駅徒歩5分 詳しくはこちら