本文へスキップ

府中市の耐震診断・構造設計に強い建築設計事務所

電話でのお問い合わせは042-361-4564

株式会社なまあず本舗公式HP

耐震診断・補強設計

耐震診断とは?

 耐震診断は、建物の健康診断の一つです。人間の健康診断も、血圧や肥満の調査、ガン検診などいろいろあるように、建物の健康診断もガスや水道などの設備系の診断から、シロアリの有無をしらべる診断までいろいろあります。

 耐震診断は、大地震に対して大丈夫か?を診断します。通常の使用では問題がなくても、大地震がきたら大丈夫か?これは非常にわかりにくいのです。そこで詳細に検査をして、大地震が来たときに大丈夫か?を診断します。

 なまあず本舗設計室は、構造設計に強いと同時に、耐震診断にも力を入れてきました。木造系では在来だけでなく、ツーバイフォー、混構造と幅広く対応しております。また得意分野を活かして他の設計事務所と共同で大きな物件の診断や補強業務も行っております。構造計算ができる事務所が耐震診断を行うというのは当たり前のことですが構造事務所は木造に詳しく無かったり、現地診断が得意でないところも多いです。
 構造の詳しい内容がわからないで診断を行うというのは危険です。確かに耐震診断ソフトは発達して、入力すればある程度の強度がすぐにわかるようなソフトもあることはあるのですが、そのソフトに入力する材料は、目視や道具を使って集めることになります。片手間でわかるものではありません。なまあず本舗設計室では、構造設計の知識を活かし、精度の高い診断を実施しております。複雑で他社では断られるようなものも是非ご相談ください。

「なまずくの耐震事件簿」木造耐震診断のマンガです。なまあず本舗監修

2022年は、物価高騰のため、診断価格を改正させていただきました。5月から新価格となります。

耐震診断の情報

なまあず本舗設計室の木造耐震診断と価格一覧
 ・木造2階建ての耐震診断
 ・木造3階建ての耐震診断
 ・揺れやすい木造3階建て住宅
 ・木造3階建ての耐震補強事例
 ・ブロック塀の耐震診断
 ・地下室付きの木造住宅の耐震診断

なまあず本舗の耐震診断・補強の実績

ホームインスペクション(既存住宅状況調査技術者)

耐震リフォーム
ツーバイフォーの耐震診断
鉄骨造の耐震診断
鉄筋コンクリート造の耐震診断

構造計算と耐震診断の違い

耐震診断Q&A

(参考)
既存不適格とは?
確認申請を伴う増改築について

なまあず本舗設計室の木造耐震診断と価格一覧

木造住宅の耐震診断価格表(2022年5月より改定)

 分類  診断方法  階数・面積 価格(税込) 
木造住宅
耐震相談
事務所での図面や写真
を見ながらの相談。1時間まで 
木造住宅
(在来・2x4
木造3階建て含む)
旧38などの認定住宅
等は対象外です
1万円 
木造住宅
訪問相談
 対象住宅を訪問して相談
訪問以外は耐震相談と内容は同じ
同上 2万円
木造2階建
簡易診断
一般診断法1に基づく図面と写真による診断。現地を見ません。  同上  6万6千円〜
木造2階建
一般診断
 木造住宅の耐震性を判断するのに
適した一般診断法を採用。非破壊
検査。
木造在来住宅
(2階建てまで)
2x4や旧38などの
認定住宅等は対象
外です
8万8千円〜
 
 木造2階建
ツーバイフォー
一般診断
  木造住宅の耐震性を判断するのに
適した一般診断法を採用。非破壊
検査。告示チェックあり
サーモグラフィー標準採用
 ツーバイフォー住宅
(2階建てまで)
13.2万円〜
(図面あり)
16.5万円〜
(図面なし)
木造2階建
精密診断A
木造住宅の耐震性が悪いことを前提
に補強設計用の資料収集を目的とし
た精密診断法1の非破壊検査
サーモグラフィー
標準採用

府中市の助成金に対応した診断と
同等以上の診断 
木造在来住宅
(2階建てまで)
2x4や旧38などの
認定住宅等は対象
外です
18万9千円〜
(図面あり)
木造2階建
精密診断B
 Aに比べ一部解体してより精密性
を高めた診断。基本的に調査にかな
りの日数がかかります。
 木造在来住宅
(2階建てまで)
2x4や旧38などの
認定住宅等は対象
外です
現地訪問のうえ
見積(要木造住
宅耐震相談)
木造3階建
簡易診断
一般診断法1に基づく図面と写真に
よる診断。現地を見ません。  
 木造住宅(在来)
3階建て・整形・
スキップフロアなし
5万5千円~
木造3階建
一般診断
 木造住宅の耐震性を判断するのに
適した一般診断法1を採用。非破壊
検査。
サーモグラフィー
標準採用
 木造住宅(在来)
3階建て・整形・
スキップフロアなし
混構造は要相談
19万8千円〜
(図面あり)
24万.2千円~
(図面なし)
木造3階建
精密診断
木造住宅の耐震性が悪いことを前提
に補強設計用の資料収集を目的とし
た精密診断法1の診断。
必要に応じて一部解体を伴います。サーモグラフィ標準採用
  木造住宅(在来)
3階建て
要見積
(30万円以上)
 なまあず本舗の主な調査器具 ・サーモグラフィー
 温度の差から雨漏りや筋かいを発見します。また断熱材の切れ、床暖房の効果なども調査することが出来ます。 非破壊で調査するのに適しています。

・360度カメラ
 床下や小屋裏の調査を効率的に行えます。長い一脚を使い人が入れないエリアも効率的に調査を行えます。また室内などの劣化などを一辺に撮影出来、調査箇所を間違えないようにできます。

・両面レーザー距離計
 部屋の幅を効率的に測定します。通常のものは壁につけなければ測定出来ませんが、当設計室のものは両面レーザーのため、部屋の真ん中でも測定でき、非常に効率的です。

※調査により使う器具は異なります。 
       





サーモグラフィーでの調査。通常は雨漏りや断熱の調査に利用しますが、なまあず本舗ではサーモグラフィーを所有しているため耐震診断でも活用しています。左の写真のように壁の中で人間の目には見えない筋かいを発見できたりもします。他にも壁内の異常などを察知できたりもするので、使い方次第で調査効率を上げたり、目に見えない欠陥などを発見できます。

(写真)筋かいが写っている(斜めに移っている赤めの部材)




浴室など水回りは特に劣化しやすいです。タイルのヒビ割れなどから水が漏れていると、写真のように土台や柱を腐らせ建物の耐震性を著しく下げるとともに、不衛生的になります。早期に発見すれば、補修もわずかで済みます。耐震診断のときにチェックを行うといいでしょう。

(写真)風呂廻りの土台が長年の漏水で腐って無くなっている



鉄筋コンクリートの耐震診断ではコンクリート強度を測定するためコア抜きを行います。コンクリートが弱いと耐震強度が弱いだけでなく、建物寿命も短くなりますし、補強もしにくくなります。補強の可否を決めるのはコンクリート強度といっても過言ではありません。外部機関により高い精度で測定します。


(写真)コア抜き。コンクリート強度を調べます



鉄筋コンクリートの強度を決めるのはコンクリートだけでなく内部に入っている鉄筋です。こちらは目に見えませんので、図面通り施工されているか?はつって鉄筋を直接目に見える状態にして調査します。
図面がない場合も、この方法で出来る限り建物の状況を調べ、構造的に安全な設計になっているか確認します。

(写真)はつり。鉄筋のサイズや間隔、コンクリートのかぶり厚さを調査します。





shop info店舗情報

なまあず本舗設計室

〒183-0021
東京都府中市片町1-6-4
関ビル2F
TEL.042-361-4564
分倍河原駅徒歩5分 詳しくはこちら