本文へスキップ

府中市の耐震診断・構造設計に強い建築設計事務所

電話でのお問い合わせは042-361-4564

株式会社なまあず本舗公式HP

府中市の過去の鉄道

府中市は古い鉄道いっぱい!

 府中市は、武蔵国の要衝ということもあって、鉄道網が整っています。しかし今の形になるのはそんなに古いことではありませんでした。廃線になってものや、合併されたもの様々です。昔はその跡がいっぱいあったのですが、今は見る影もありません。ということでこのホームページで残していこうと思います。
下河原線の東京競馬場前駅からの分岐から合流する写真を元に描いたスケッチ。

京王線も紆余曲折

 京王線も今でこそ、東京から八王子へ・・・という東京の大動脈ですが、ここまで洗練された鉄道になるまでは紆余曲折がありました。1913年に開業しますが、そのときは笹塚と調布でした。最初新宿まで開通していなかったというのが意外ですね。新宿に延伸するのは1915年です。その翌年の1916年に新宿〜府中間が開通しました。府中は始発駅だったんですね。そもそも通る予定だった中央線が・・・(以下略)でね、っていうことになりました。
 1925年、京王の関連会社である玉南電気鉄道により、府中駅〜東八王子駅(現京王八王子駅)間が開業。これは当時の法律により分割して補助金を得ようとしたらしく(実際は認められなかった)元々分割して営業するメリットはあまり感じられなかったようです。そこであっさり翌年の1926年京王電気軌道が玉南電気鉄道を併合し資本金1290万円の会社となりました。1927年に全線で1372ミリへ改軌が完成、1928年に新宿〜東八王子への乗換無しの直通が完成しました。
 1955年に、東京競馬場への足として、東府中ー府中競馬正門前が開業。現在の形となります。
 ちなみに分倍河原駅は、1928年に屋敷分駅から改称、1929年に現在地へ移転した経緯があります。
 多磨霊園駅は、多磨駅→市公園墓地前駅→多磨霊園駅と改称された経緯があります。
 武蔵野台は1959年に車返駅から改称されています。
 東府中駅は、八幡前駅→臨時競馬場前駅(1935)→東府中駅(1940)と変化します(移動あり)
 府中駅は、1993年より新駅舎使用開始されています。

意外と複雑だった南武線

 南武線も京王線並に複雑です。最初は南武鉄道株式会社(私鉄)で、川崎ー登戸間で開業(1927年)しました。1929年には分倍河原ー立川間も開業し、川崎ー立川間での現在の形での営業を開始します。1944年に国有化しました。私鉄の砂利鉄道として開業しましたが、沿線にNECや富士通・東芝などの工場があることと人口が急増したことで通勤電車として発展しました。
 当初の駅は、南から是政多摩川停留場ー府中本町ー屋敷分(分倍河原)ー西府停留場で、後に屋敷分と西府の間に本宿停留場が開業し一応の完成を見ます。しかし1944年に国鉄に買収され、西府、屋敷分、是政多摩川が廃止となります。このことが、南多摩ー府中本町間、分倍河原ー谷保間の距離が長いことに起因します。その結果、2009年に西府駅開業。当時の西府・本宿の間に駅ができることになります。
 なお、砂利鉄道として出来た経緯があるので、当時の是政多摩川停留場から現在の健康センターの位置にあった砂利採掘場までの支線がありました。
 府中本町駅での下河原線との接続(廃止)、武蔵野線との接続などで府中本町駅は非常に重要なターミナルとなります。また分倍河原駅も京王線との接続で非常に重要な乗換駅となっております。

新しい鉄道の武蔵野線

 府中市で比較的新しい鉄道といえば、武蔵野線。1973年開業ですからまだ40年あまりです。全線が第一種(JR東日本)、第二種(JR貨物)鉄道事業者となっています。
 比較的新しいのですが、風雨に弱く大雨が降るとよく止まります。もともとの計画が貨物専用線だったこともあり、貨物列車が多いです。府中本町が終点ですが、貨物は府中本町から南に別の線路がのび、遠く鶴見駅までつながっています。これは貨物専用ですが、ホリデー快速鎌倉号など臨時列車が運行されることがあります。
 比較的新しいので、開通してからのドラマは少ないです。ただし、西国分寺から府中本町が開通したので、それまで武蔵野線の西側に平行して走っていた下河原線が廃止となりました。
 武蔵野線は、実はなまあず本舗の建っているビルにわずかにかすって地下を走っています。そのため武蔵野線に影響を与えないため、実は特殊な構造設計をしています(なまあず本舗スタッフが設計に係わる)。そのため店内に入ると整形の建物なのに柱位置が変な位置にあります。これは線路の上のみ片持ち梁で設計し、線路上のトンネルに負担をかけないためです。

砂利運搬時代の名残の西武多摩川線

 西武線のなかで、なぜか他の路線から隔離されていて不思議な感じします。
 1910年に設立された多摩鉄道が最初の運営元です。1917年に境(現武蔵境)ー北多磨(現白糸台)間が開業。1922年には是政まで開業し現在に近い形になります。1927年に西武鉄道に合併されました。多磨霊園への参拝客目当てに多磨墓地の駅を開設し、徐々に旅客輸送も増やしていきます。1967年に貨物輸送を廃止します。
 他の西武線から隔離されているので、メンテナンスなどにJR線を経由して整備工場に運んだり、平日土曜日休日共通ダイヤだったり、鉄道としてもいろいろ特異な部分もある路線です。未だ単線です。
 支線としましては、戦時中、中島飛行機工場への引き込み線があったり、競艇場前から出ていた砂利採取線への支線があったり興味深いものがあります。

無くなった駅名・変更になった駅名一覧

東京競馬場前駅
 下河原線の駅で、現在の府中本町駅の南方200m程の場所にあった。府中競馬正門前とは別物。国分寺からの競馬客の運送のため1934年に仮停車場、1947年に駅として営業。1973年に武蔵野線開業に伴い廃止。現在は、防災公園となっており、当時の線路の位置には遊歩道が整備されている。

下河原駅
 下河原線の終点。1910年頃開業。国分寺駅へ砂利を運搬するための貨物専用駅。1920年国有化。1921年廃止。1952年再開業と開廃業を繰り返す。1973年に武蔵野線貨物支線の駅となるも1976年に支線の廃止により廃止される。現在は遊歩道の事実上の終点の位置となっている。

屋敷分駅
 現在の分倍河原駅。しかし当時は若干現在の位置と離れていた。1928年に改称。

本宿停留場・西府停留場
 1944年戦時中に南武線が国有化されたのに伴い、廃止された。本宿停留場は現鎌倉街道との交差付近、西府停留場は、新甲州街道との交差付近にありました。結果、分倍河原駅と谷保駅の間は非常に広くなり、新駅の設置が望まれましたがなかなか実現しませんでした。ようやく2009年に西府駅が開業しました。

南武是政停留場(是政多摩川駅・南武多摩川駅)
 本宿停留場などとともに、廃止された現在の 府中本町駅と多摩川の間にあった停留場。ここから現在の健康センター付近への砂利採掘線が分岐していた。この駅と府中本町駅の間に南多摩側仮停車場が開業されたこともあった。

廃線マニアの多い下河原線

 府中市内で1973年まで走っていた下河原線の記憶がある人は減ってきていますが、跡地を遊歩道として整備したため、その遺構を忍ぶことができるので、廃線マニアには人気があります。
 1910年に東京砂利鉄道として開業。府中市発の鉄道路線で、砂利を運ぶ専用線でした。1933年に東京競馬場が開設されたので、東京競馬場前駅(一時国鉄の最長駅名でもあった)を開業し旅客線・貨物線として営業された。平行する武蔵野線が開通するのにともない廃止された。
 短い路線でしたが、支線がいくつかあり、東京競馬場前駅へ分岐するものが大きいです。他には東芝工場に入るもの、府中刑務所に入るもの、現在の航空自衛隊府中基地付近にあった旧陸軍燃料廠に入るものなどいろいろでした。メインの砂利運搬にしても下河原駅付近から複数の線路が伸びており、トロッコなどで運搬していたようです。現在は線路はありませんが、下河原線の線路跡が道路になっていたり、その面影がわずかに残っていたりと興味深いです。


廃止直前の切符のスケッチ

特集!下河原線

 2011年に一般社団法人東京都建築士事務所協会の建築ふれあいフェアに出展したパネル作成のために調査した内容を元に、下河原線についての写真、調査内容を掲載します。

下河原線を現在のマップに合わせて表示。赤が本選。青は支線、紫は東京競馬場前駅への分岐。


現在は遊歩道となり、市民に利用されています(府中市本町付近から南武線との交差を望む)

昔、下河原線があったことを忍ばせるものは意外に多い。線路が埋めてあったりもします。
(新甲州街道との交差部分の北側の公園)

枕木を利用したオブジェも多かったが、老朽化して撤去されたものも多く減少しています。

解説する案内板も多い。

遊歩道もできて40年近いので初期の案内図などは老朽化しています。

さて、廃線から40年。しのぶものもほとんど無くなってきたうえ、ネットでの情報は同じ物ばかり。これでは困りますね。というわけで古地図を取り出して当時を振り返ってみました。
 設計事務所と古地図は非常に関係があり、昔その場所に何があったか?で地盤を推定することができます。なまあず本舗設計室では、古地図を利用し府中市を洗い直して、設計に活かしています。


明治時代の府中市南部の地図。明治15年測量のものを元に描かれたもの。まだ鉄道はありません。分倍河原の古戦場跡や、一部現在の地名となっているものから場所は推定できます。


戦前の昭和15年のマップ。この時代になると京王線も鎌倉街道も下河原線も南武線も見て取ることが出来ます。東京競馬場が完成したので、下河原線に東京競馬場前駅ができています。下河原線付近には多数の砂利採掘の孔などもあり、当時の多摩川の河川敷が今より広大であったことがわかります。南武線の旧駅である南武是政駅もこの時期にははっきりと記載されています。


戦争が終わった昭和29年のマップ。下河原線のトロッコが描かれています。また南武線の旧南武是政駅付近から出ている支線もまだはっきり描かれています。現在の健康センターのあたり大きな孔があいています。このあたりは、武蔵野線採掘の土などで埋めて、現在の公園になったとか。


下河原線廃止した当時のマップ。このあと遊歩道が整備されます。競馬場線は一足早く撤去され無くなっております。またこの時期までは南武線の支線の跡ははっきり見て取れます。

今度は北側の国分寺側です。


明治15年測量のマップです。何もありません。中央線が走る前です。これなら鉄道の敷設も比較的容易だったと思います。


昭和14年測量のマップです。周囲はほとんど畑です。既に刑務所はできています。刑務所への引き込み線はこのころからありました。


昭和27年測量のマップです。当然ですが武蔵野線はまだありません。国分寺から分岐して入ってくるカーブの内側は中央鉄道教習所で、まだ引き込み線はありません。


廃止時のマップです(府中市版なので国分寺の内容がほとんど掲載されていなくて残念)。当時の中央鉄道学園への引き込み線ができています。こちらは下河原線の線路が撤去された跡もしばらく残っていたので勘違いする人が多いようです。似たカーブですし。詳しくは国分寺の古い地図を調べてください。


というのも親切じゃないので、線路撤去後の同付近です。このように中央鉄道学園への引き込みは健在です。下河原線の跡には一部点線で示されています。

今度は北府中付近


最盛期と思われます。東芝工場内への引き込み線はもちろん、府中刑務所や日本製鋼への引き込み線も健在です。また旧陸軍燃料廠への支線もはっきり残っています。この位置は現在は道路になっています。

古地図は見ていて楽しいだけでなく、当時の生活や文化を知ることができる資料の1つです。また住宅などを建てる前に、そこがどのような場所だったのか?確認できる唯一の資料です。幸い東京は比較的資料が残っています。地図は図書館などに保管されていたり、一部コピーや印刷物を購入することができます。

shop info店舗情報

なまあず本舗
なまあず本舗設計室

〒183-0022
東京都府中市宮西町4-7-1
TEL.042-361-4564

運営会社
 株式会社なまあず本舗
なまあず本舗設計室の行き方
府中市役所前
府中街道と旧甲州街道の交差点(府中市役所前交差点)を西に向かいます。左側には御旅所、右側には蔵のある酒屋「中久本店」があります。
バス停より
50mほど歩くと、旧甲州街道北側に三階建ての茶色いタイルの建物が見えます。ちなみに二軒手前にも同じようなタイル張りの建物がありますが、その先の細い道路の角にある写真の建物です。
なまあず本舗本社前
事務所前は芝生になっています。また窓を覗くとセレクトショップ(なまあずショップ)になっています。設計室も入口は同じです。気にせず正面からお入りくださいませ。

関連サイト
 なまあずソリューション
 なまあずショップ
 なまあずショップ楽天市場店
 駄菓子屋なまあず

一般社団法人東京都建築士事務所協会 会員
一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会 会員
むさし府中商工会議所建設業振興会 会員
日事連・建築士事務所賠償責任保険加入


ふちゅこまふちゅこまは、府中市マスコットキャラクターです。