本文へスキップ

府中市の耐震診断・構造設計に強い建築設計事務所

電話でのお問い合わせは042-361-4564

株式会社なまあず本舗公式HP

府中市の耐震助成

充実した府中市の助成制度

 府中市では、市内の木造住宅について、耐震診断、改修・建替え等に対し費用の一部を助成する助成金制度があります。詳しくは下記府中市のホームページをご参照ください。わからない点は、府中市の都市整備部建築指導課住宅耐震化推進係までお問い合わせください。

府中市の木造住宅耐震診断・改修等助成制度(府中市役所)
東京都建築士事務所協会南部支部府中部会(府中市の耐震診断実施機関)
 なまあず本舗設計室も府中部会の診断員です。もし診断助成で、本設計室をご希望の場合は、申込時に言っていただければ指名することも可能です。


耐震診断


 制度を利用できるのは、「昭和56年5月31日以前に建築された府中市内の木造住宅のうち、現に所有者が居住している一戸建ての住宅」とあります。つまり商店や共同住宅は対象外となっています(併用などの分類がわかりにくいものは市にお問い合わせください)。調査は、一般社団法人東京都建築士事務所協会に所属する建築士等が行います。精度が高く補強設計に向く精密診断法1に準拠した診断を行っています。
 助成金額は、診断調査費用の3分の2(限度額12万円)です。調査費用は20〜25万程度(面積によって異なります)です。低価格で参考程度な診断というより、精度の高い補強設計に耐えうる高価な精密診断を、安価に受けられるという感じの制度です。また、下記の耐震改修・耐震建替え・耐震シェルターについては、耐震診断助成制度を利用した診断を受けてからでないと適用されません。


耐震改修・耐震建替え・耐震シェルター


 耐震改修は、診断結果で評点1.0未満の補強の必要性がある建物を、補強する場合に助成金がでます。改修費用の2分の1(限度額80万円。2017年4月から2018年3月31日までは110万円に増額。2018年4月からも継続決定)です。施工業者は府中市内の事業者で、建設業許可を持ち、耐震補強の講習を受講した建設業者に限ります。また評点1.0以上になる耐震改修工事が必要なので、非常に耐震性の低い建物では、助成金を受けてもかなりの出費が出る場合があります。
 そこで補強金額も高いので建替えよう、とお考えの方に耐震除却の助成が2017年4月より開始いたしました。評点1.0未満と診断された住宅全部の除却を行う場合の助成です。建替えをする場合に一律50万円(ただし除却額の2分の1)の助成金がでます。こちらも府中市の耐震診断を行ってからでないと利用できません。
 また寝室など一部屋だけシェルターで囲って守ろうという、耐震シェルターにも助成金が出ます。こちらは、65歳以上の方のみで構成された世帯、身体障害者手帳1・2級、愛の手帳1・2度、精神障害者手帳1級をお持ちの方がいる世帯に限られますが、設置費用の4分の3(限度額30万円)の助成が受けられます。

※条件など詳しくは府中市にお問い合わせください。
木造3階建ての耐震診断は助成対象外です。

shop info店舗情報

なまあず本舗
なまあず本舗設計室

〒183-0022
東京都府中市宮西町4-7-1
TEL.042-361-4564

運営会社
 株式会社なまあず本舗
なまあず本舗設計室の行き方
府中市役所前
府中街道と旧甲州街道の交差点(府中市役所前交差点)を西に向かいます。左側には御旅所、右側には蔵のある酒屋「中久本店」があります。
バス停より
50mほど歩くと、旧甲州街道北側に三階建ての茶色いタイルの建物が見えます。ちなみに二軒手前にも同じようなタイル張りの建物がありますが、その先の細い道路の角にある写真の建物です。
なまあず本舗本社前
事務所前は芝生になっています。また窓を覗くとセレクトショップ(なまあずショップ)になっています。設計室も入口は同じです。気にせず正面からお入りくださいませ。

関連サイト
 なまあずソリューション
 なまあずショップ
 なまあずショップ楽天市場店
 駄菓子屋なまあず

一般社団法人東京都建築士事務所協会 会員
一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会 会員
むさし府中商工会議所建設業振興会 会員
日事連・建築士事務所賠償責任保険加入


ふちゅこまふちゅこまは、府中市マスコットキャラクターです。