本文へスキップ

府中市の耐震診断・構造設計に強い建築設計事務所

電話でのお問い合わせは042-361-4564

株式会社なまあず本舗公式HP

既存不適格とは?

違反住宅とは異なる既存不適格

 既存不適格は、建築時には適法に建てられた建築物であって、その後の法改正などで現行法規に適合しなくなった建築物のこと。 例えば、昭和54年に新築し、確認申請を通し完了検査を受けた建物が該当します。そのまま使い続けても違法というわけではないです。ただ増改築を行う場合 は法令に適合するようにしなければなりません(一部緩和あり)。もし確認申請を通し完了検査を受けなかった建築物は既存不適格ではなく、違法建築物の可能 性が高いです。


違反建築物とは?

 既存不適格も違反建築も現行法規に適合していないという意味では同じですが、立場はだいぶちがいます。既存不適格は、建てた時点は適法だったわけです。 違反建築物は、建てた当初から違反なのです。よって増改築の申請なども、この違いによりはっきり有利不利がでます。

既存不適格は直さなくて良いの??

 では、既存不適格は、増改築をしなければ、そのまま住み続けていいのでしょうか??基本的には、増改築をしない限り問題はありません。しかし耐震性が 劣ったりしますので、調べて(耐震診断など)危険でしたら、補強したほうがいいです。特に1981年より以前の旧耐震建物に関しては、国・自治体も助成金 を出すケースが多いので耐震診断や点検をお奨めします。

なまあず本舗設計室では・・・

 なまあず本舗設計室では、主に増改築時に、既存不適格か違反建築物か?を調査いたします。その結果に応じて適切なアドバイスをいたします。状況によって は意に添えないこともあると思います。ただどのような状況かを知っておくことは大切だと思っております。

shop info店舗情報

なまあず本舗
なまあず本舗設計室

〒183-0022
東京都府中市宮西町4-7-1
TEL.042-361-4564

運営会社
 株式会社なまあず本舗
なまあず本舗設計室の行き方
府中市役所前
府中街道と旧甲州街道の交差点(府中市役所前交差点)を西に向かいます。左側には御旅所、右側には蔵のある酒屋「中久本店」があります。
バス停より
50mほど歩くと、旧甲州街道北側に三階建ての茶色いタイルの建物が見えます。ちなみに二軒手前にも同じようなタイル張りの建物がありますが、その先の細い道路の角にある写真の建物です。
なまあず本舗本社前
事務所前は芝生になっています。また窓を覗くとセレクトショップ(なまあずショップ)になっています。設計室も入口は同じです。気にせず正面からお入りくださいませ。

関連サイト
 なまあずソリューション
 なまあずショップ
 なまあずショップ楽天市場店
 駄菓子屋なまあず

一般社団法人東京都建築士事務所協会 会員
一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会 会員
むさし府中商工会議所建設業振興会 会員
日事連・建築士事務所賠償責任保険加入


ふちゅこまふちゅこまは、府中市マスコットキャラクターです。