本文へスキップ

府中市の耐震診断・構造設計に強い建築設計事務所

電話でのお問い合わせは042-361-4564

株式会社なまあず本舗公式HP

よくわかる防耐火用語(工事中)

 耐火建築物だ、防火構造だ、似た用語が多い分野は建築士といえども間違ってしゃべっていることがあります。そこで用語だけを取り出して、比較、分類してみました。

目次
・おおまかな分類
・耐火構造、準耐火構造、防火構造
・不燃材料、準不燃材料、難燃材料
・耐火建築物、準耐火建築物
・耐火性能、準耐火性能、防火性能
・遮炎性能、準遮炎性能
・防火設備と特定防火設備
・防火壁・界壁・隔壁
・消火設備
・防火地域・準防火地域
・耐火建築物の優遇
・防火区画
・特殊建築物

おおまかな分類

 似た用語が多いのですが、比較対象になるものとならない別物などバラバラです。次章以降はそれぞれ同じ種類のものを分類して解説します。ここではおおまかな分類を頭にいれてみてください。

耐火構造、準耐火構造、防火構造

建築物の高さ 地盤面からの高さによる(施行2条1項6号)

不燃材料、準不燃材料、難燃材料

 基準法第2条1項9号に不燃材料の記述があります。
 「建築材料のうち、不燃性能(通常の火災時における火熱により燃焼しないことその他の政令で定める性能をいう。)に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めたもの又は国土交通大臣の認定を受けたものをいう。 」
 建築材料で不燃性能に適合したもの、これだけでは、わかりませんね??その説明は施行令第108条の2にあります。
 そして、なぜか比較すべき、準不燃材料、難燃材料は離れた記述となっており、準不燃材料は、施行令第1条1項5号にあります。難燃材料はその次の施行令第1条1項6号にあります。

   不燃材料
法2条9号
準不燃材料
令1条5号 
難燃材料
令1条6号 
 火災 通常の火災  通常の火災  通常の火災 
 加熱開始後
の時間
 20分間  10分間 5分間 
仕様規定の告示  告示1440号  告示1401号  告示1402号 
主な告示の規定  12mm以上の石膏ボード
コンクリート

アルミニウム
ガラス
モルタル
しっくい

ロックウール
グラスウール
繊維強化セメント板
 9mm以上の石膏ボード
15mm以上の木毛セメント
6mm以上のパルプセメント板
 5.5mm以上の難燃合板
7mm以上の石膏ボード
 用途・要求性能
(内部)
・燃焼しないもの
・防火上有害な変形、溶融、き裂その他の損傷を生じないもの
・避難上有害な煙又はガスを発生しないもの  
 用途・要求性能
(外部)
・燃焼しないもの
・防火上有害な変形、溶融、き裂その他の損傷を生じないもの
   


耐火建築物、準耐火建築物

 建物

耐火性能、準耐火性能、防火性能

 耐火性能は、基準法第2条の7に規定されていて「通常の火災が終了するまでの間当該火災による建築物の倒壊及び延焼を防止するために当該建築物の部分に必要とされる性能」とあります。準耐火性能は基準法第2条の7の2に「通常の火災による延焼を抑制するために当該建築物の部分に必要とされる性能」と若干ニュアンスが違いますね。つまり耐火性能は、「倒壊及び延焼」なのに対し、準耐火性能は「延焼」となっております。おのずと必要とされる性能が違うのですが、直接比較がしにくいのが難点です。
 防火性能は、基準法第2条の8に「

   耐火性能 準耐火性能  防火性能 
 
       
       
       
       

遮炎性能、準遮炎性能

 遮炎性能は、その名の通り炎を遮る性能です。基準法第2条9号の2のロに、防火設備について書かれている条文の中に遮炎性能の意味が出てきます。「通常の火災時における火災を有効に遮るために防火設備に必要とされる性能」とあるので、防火設備類に限定されていることになります。その性能は施行令第109条の2に技術的基準として書かれており、「防火設備に通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後20分間当該加熱面以外の面に火炎を出さないもの」と定義されております。一方準遮炎性能は基準法64条に書かれ、技術的基準は施行令136条の2の3にあり「建築物の周囲において発生する通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後20分間当該加熱面以外の面(屋内に面するものに限る。)に火炎を出さないものであること」とあります。

   遮炎性能
(法2条9号2のロ)
準遮炎性能 
(法64条)
 条件 耐火・準耐火建築物  防火地域・準防火地域で
耐火・準耐火建築物でないもの 
性能が求められる面  両面  片面(外側のみ) 
加熱時間 20分間  
想定する火災 屋内で発生する火災
建物周囲で発生する火災 
 建物周囲で発生する火災

防火設備、特定防火設備



防火壁・界壁・隔壁


消火設備

 床

防火地域・準防火地域

 

耐火建築物の優遇


防火区画



特殊建築物

 建

shop info店舗情報

なまあず本舗
なまあず本舗設計室

〒183-0022
東京都府中市宮西町4-7-1
TEL.042-361-4564

運営会社
 株式会社なまあず本舗
なまあず本舗設計室の行き方
府中市役所前
府中街道と旧甲州街道の交差点(府中市役所前交差点)を西に向かいます。左側には御旅所、右側には蔵のある酒屋「中久本店」があります。
バス停より
50mほど歩くと、旧甲州街道北側に三階建ての茶色いタイルの建物が見えます。ちなみに二軒手前にも同じようなタイル張りの建物がありますが、その先の細い道路の角にある写真の建物です。
なまあず本舗本社前
事務所前は芝生になっています。また窓を覗くとセレクトショップ(なまあずショップ)になっています。設計室も入口は同じです。気にせず正面からお入りくださいませ。

関連サイト
 なまあずソリューション
 なまあずショップ
 なまあずショップ楽天市場店
 駄菓子屋なまあず

一般社団法人東京都建築士事務所協会 会員
一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会 会員
むさし府中商工会議所建設業振興会 会員
日事連・建築士事務所賠償責任保険加入


ふちゅこまふちゅこまは、府中市マスコットキャラクターです。