本文へスキップ

府中市の耐震診断・構造設計に強い建築設計事務所

電話でのお問い合わせは042-361-4564

株式会社なまあず本舗公式HP

よくわかるアスベスト

 

非常に優れた建築材料としての側面と危険な材料

 アスベストは、石綿ともいいます。どちらも総称で様々が種類があります。かつて非常に多く利用されてきました。建築材料としても、その入手性、耐火性など優れた性質により大量に使われてきました。しかし天然素材ながら健康に非常に悪いことが知られ、現在では原則使われなくなりました。しかし比較的近年まで使用されていたことや、現在でも古めのビルなどでは大量に使われており、解体やリフォームの時に悪影響を及ぼす可能性が高いことは意外と知られておりません。このページでは基本的な事項や、建築設計やリフォームをやっているときに危険と感じたことなどを記載していこうと思います。

今も危険ととなり合わせ

 アスベストは過去のこと、と思っている方が多いと思いますが実は違います。昨年も私の恩人がおそらくアスベストの影響で発症した病気で亡くなりました。アスベスト自体は現在ではほぼ生産されていませんが、我々が使用しているビルや建物の中にないとは限らないのです。というより古い建物にはアスベスト含有した建材が使われているケースは多いのです。その多くは板状だったりして通常は大丈夫です。しかしながら解体やリフォームなどのときに、切断などでアスベストが浮遊する可能性も高いのです。それを知らないで解体してしまう解体業者、解体を指示してしまう建築士・・・危険がないとは言えません。周辺住民への影響も懸念されます。よってアスベスト(石綿)の知識は現在でも不可欠と言えます。

アスベストとは?

執筆中

 そもそもアスベストとは何なんでしょうか?アスベストは天然の鉱石であり、無機繊維状鉱物(主に繊維状ケイ酸塩鉱物)の総称です。つまり天然のものは健康素材!と思っているにわか建築家の方もいると思いますが、立派な天然系素材なのです。そして総称なのです。というわけで様々な種類があるのです。

 アスベストは「石綿」(セキメン、イシワタ)、と呼ばれるように、綿のような細かい繊維です。

アスベストの特性

・引っ張り強さがきわめて大きい
・燃えないで高温に耐える
・熱や電気を通しにくい
・薬品に強い
・腐らない、耐久性が高い
・耐摩耗性がたかい
・表面積が大きく、密着性に優れる

 など非常に優れた特性があり、比較的安価だったため爆発的に普及しました。

アスベストに起因する病気

 では、アスベスト(石綿)が、どのような病気と関連があるのでしょうか?
 まずアスベストの繊維が非常に細いことから、飛散しやすいという特性があります。
 飛散しやすいと言うことは吸い込みやすいということで、吸入すると肺胞に沈着しやすいという特徴もあり、肺の中にとどまります。アスベストの腐らない耐久性が高いという特性が悪い方に働き、肺の中に長く滞留することになります。その石綿が原因で、肺がんや悪性中皮腫などを引き起こすと言われます。
 種類によって発がん性は異なり、白石綿より青石綿や茶石綿のほうが発がん性が高いとされています。
 体に悪いことは明らかになっていますが、実際どの程度吸い込んだらガンになるか?といった関係性は明らかではありません。

アスベストの歴史

 古来から存在が知られており、エジプトのミイラを包むための布に使われたとか、ローマではランプの芯に使われたとかいわれていますが、日本でも江戸時代には、平賀源内が燃えない布を作ったときに紹介しています。当然海外では一般に知られていたようです。
 新潟や熊本など国内でも石綿がとれるため、江戸時代後期には少量ながら生産していたようです。明治時代になると工業化とともに、主に造船などで保温材等の需要が急増したため、石綿工場が国内に次々に誕生しました。この頃は保温材、パッキン等に利用されていたようです。
 急激な都市化により、街の不燃化も重要な要素となり、石綿の燃えにくさは火事を防ぐ重要な役割だということで、屋根瓦への利用も増えていきました。本格的に普及するのは終戦後となります。国内でも北海道、九州などで鉱床が発見されますが(戦中は輸入できなかったので国内で開発が進む)、需要を満たすほどはなく海外から大量に輸入していました。
 昭和31年になると、鉄骨造などの耐火のための吹付施工も開始しました。意外と歴史は浅いのですが、急激な都市化により爆発的に使われます。
 しかしながら1970年代になると人体や環境への有害性が問題となります。

1971年 特定化学物質等障害予防規則制定
1972年 労働安全衛生法でアスベストを管理物質に
1975年 石綿吹付作業(含有率5%を超える)の原則禁止
    含有率5%超の名称等表示へ
1980年 吹付ロックウールのアスベスト含有率の低下、無石綿化進む
1986年 学校の吹付アスベスト問題が急浮上
1987年 耐火構造の指定から石綿を使用した構造を除外
1989年 大気汚染防止法による濃度規制(測定基準、製造施設の届け出)
1991年 廃棄物処理法で廃石綿を特別管理廃棄物に
1995年 有害性の高い茶石綿(アモサイト)、青石綿(クロシドライト)の使用禁止
     含有率1%以上のアスベスト含有製品を規制
1997年 吹付アスベスト使用の建築物の解体等の作業が特定粉じん排出作業となり、事前届け出、作業基準の遵守の義務づけ
2004年 白石綿等の製造等禁止(アスベスト含有製品の使用の原則禁止)
2005年 石綿障害予防規則
    EU加盟国で原則白石綿の使用が禁止
2006年9月以降 代替が困難な一定の適用除外製品を除き石綿を含有するすべての製造等が禁止
   (アスベスト新法)
 これにともない2006年には石綿の輸入量は0トンとなります。
2011年全廃
2020年頃 アスベスト廃棄物がピーク(予想)

現在のアスベストの脅威

執筆中

アスベスト含有商品の調べ方

 過去にアスベスト・石綿を含んだ製品を出荷していたメーカーのホームページなどで大部分を調べることができます。また国土交通省の石綿(アスベスト)含有建材データベースや、アスベスト除去業者でもホームページで知らせています。

石綿(アスベスト)含有建材データベース(国土交通省)
一般社団法人JATI協会(旧日本石綿協会)


参考ページ(除去業者)
 有限会社ケミカルバスター
参考ページ(メーカー)
 ニチアス株式会社(旧日本アスベスト)

shop info店舗情報

なまあず本舗
なまあず本舗設計室

〒183-0022
東京都府中市宮西町4-7-1
TEL.042-361-4564

運営会社
 株式会社なまあず本舗
なまあず本舗設計室の行き方
府中市役所前
府中街道と旧甲州街道の交差点(府中市役所前交差点)を西に向かいます。左側には御旅所、右側には蔵のある酒屋「中久本店」があります。
バス停より
50mほど歩くと、旧甲州街道北側に三階建ての茶色いタイルの建物が見えます。ちなみに二軒手前にも同じようなタイル張りの建物がありますが、その先の細い道路の角にある写真の建物です。
なまあず本舗本社前
事務所前は芝生になっています。また窓を覗くとセレクトショップ(なまあずショップ)になっています。設計室も入口は同じです。気にせず正面からお入りくださいませ。

関連サイト
 なまあずソリューション
 なまあずショップ
 なまあずショップ楽天市場店
 駄菓子屋なまあず

一般社団法人東京都建築士事務所協会 会員
一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会 会員
むさし府中商工会議所建設業振興会 会員
日事連・建築士事務所賠償責任保険加入


ふちゅこまふちゅこまは、府中市マスコットキャラクターです。